ウヰスキーとコーラで、開眼女子
0
        今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
    フリーアナウンサー・企業研修講師で「キャリアに見合った話し方」コンサルタントの志伯暁子でございます。

    マッサン効果なのか、わがやに久しぶりにウヰスキーのビンが東京しています。
    購入したのは、夫ではなく、お酒は殆どダメ!という娘。うそ!

    と思いきや、「ウヰスキーとコーラとレモンを入れると、これがとっても美味しいのよ!」と浮かれているのです。

    これは一大事〜!

    さて、この私、テレビでまっさんや、とし兄いがよく番組内でしていた原酒をグラスに入れ、このグラスを両手で挟んで鼻の前で静かに回して匂いを嗅ぐ。というあの仕草。


    早速おもしろがってチャレンジ。

    う〜!!!
    なんと言うことでしょう〜〜!
    グラスを回さず、顔を回してしまった!

    あんまり可笑しくで自分で笑ってしまったの巻でした。
    あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    仙台の街に、初!4万人の外国人のお客さまが!
    0
         今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
      フリーアナウンサー・企業研修講師で「キャリアに見合った話し方」コンサルタントの志伯暁子でございます。

      今日はとても良いお天気。仙台にお越しの4万人の外国人の方々にも、仙台を大いに満喫していただけたら嬉しいですね。

      ここ二日何、仙台駅付近におりましたが、とにかく街が賑やかです。
      駅前の店舗の入り口には、TaxFree の札が、どのお店にも。今まで亡かった光景です。

      昨日乗ったタクシーの運転手の方からこんなお話しを伺いました。
      「さっきね、外国人が信号が赤なのに、横断しようとしてひやっとしたんだよね。交通ルールをしらないのですかね」

      いえいえ、ご自分のお国にもしっかりルールがあるところと、ルールは一応あってもまず、守らなくてもいいような流れになっているところだってありますね。

      郷に入っては郷に従うとはいうものの、なかなかそうできないことも、私たちが外国にいった際に経験しています。

      今日も、4万人の方々をおもてなしすることに一生懸命だったかたも多いはず。

      仙台で未来に向けて防災に関する情報交換が出来て良かった!日本人と出会えて良かった!そして、仙台に来て良かった!のおまけがつくと良いですね。




      あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      ピザパーティーの一日
      0
           今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
        フリーアナウンサー・企業研修講師で「キャリアに見合った話し方」コンサルタントの志伯暁子でございます。

        今日は、薪ストーブでピザを焼くというパーティーを開催しました。

        ホームパーティーの常連は9名様。今回は、ご都合ついた6名の方がゲスト。私たち夫婦と合わせて8名での賑やかな時間でした。

        大人になると、どんな話題になるのか、、、、、。

        今日面白いネタだったのは、ランチのお話し。ゲストのご夫婦は、それぞれご主人はお仕事をなさっているのですが、奥様は、お仕事をなさってるのはお一人、その他の方は主婦の方なのですが、すでにお子様も手を離れた年代。比較的に自由に時間もお金も使えるとう年代です。

        「サーカスという店が復活したのよ」
        「そういえば、○○のランチは最高よ!」
        「いや、○○のランチに良く行くけど、まあまあだな〜」
        とか。

        驚いたのは、ランチの値段。
        男性は、500円とか、800円とは、1000円なら高いほう。

        一方の女性。
        1200円、いやいや3500円の時は良かった、、、とか最低1000円。
        この違い。

        「だって、たまにですもの、美味しいものを食べたいわよね〜!」と女性達。

        「結局男ってそういうランチには勿体なくって行かないんだよね。いや、何がって、お金より時間だね。そんなにノンビリランチを食べている時間なんでないもんな〜」

        そうそう、女性のランチは、おしゃべり付きの非日常。つまりはイベント。
        だからこそ、楽しんじゃう。

        そんな話をしながらのパーティーは、呑む、食べる、喋る、笑うの5時間マッチ。

        楽しい時間でした。もっとも後に残ったのは、洗い物ですが、、、。
        あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        人に行動させる音楽
        0
             今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
          フリーアナウンサー・企業研修講師で「キャリアに見合った話し方」コンサルタントの志伯暁子でございます。

          震災から3年半、今日は、月命日です。
          そんな中、今日のこの豪雨で北海道を始め各地で被害が出ました。
          特に、石巻の浸水被害は大変で、心配になります。被害が最小に留まることを願うばかりです。

          「音楽は、人に行動させるもの、、、」藪内道彦さんの言葉です。

          震災から6日後、名古屋で「アイラブユー&アイニードユー福島」猪苗代湖ズでレコーディングしたという藪内さん。福島出身の彼が、これまでの人生、音楽に後押しされ、自らが行動してきたことを語っていたのです。だからこそ、今恩返しと故郷の為に、曲を出すという選択。

          人を行動に駆り立てるものは人それぞれですが、音楽もそのひとつ。

          人生の転換期に流れていた曲、頑張っていたときに流れていた曲、打ち込んでいた時にながれていた曲。

          そうした音楽にしばし、浸っていたいものです、、、。



          あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          今日は父の命日 お墓参り
          0
            JUGEMテーマ:ビジネス
             
            今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
            研修講師で「キャリアに見合った話し方」コンサルタントの志伯暁子でございます。

            今日は朝からお墓参り。亡き父の命日です。



            静かに手を合わせて参りました。


            5月は、父と義父二人が亡くなった月。
            5月の晴れ渡る空を見上げながら、「二人の父、そして母だって見守ってくれている、、、」そう、思うと又力が湧いてきます。


            あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            春彼岸とおはぎ?
            0
              JUGEMテーマ:ビジネス

              今日は、彼岸の入り。
              そして、今日は私の母の命日。

              亡くなった日と言わず、命日。命の日。
              命日は、「会いに行く日」。
              彼岸へ渡った方に思いを馳せ、まさに会いに行く。

              お墓を洗い清め、心で会話していると、母や父と一緒にお墓参りをした光景を思い出します。
              そして声も面差しも鮮明に甦ってくる、、。

              忙しい毎日だからこそ、こうした時間を大切にしたいと思います。


              墓地では、お彼岸らしく、たくさんの花が手向けられていました。

              さて、そのお供え、何にしますか?





              「おはぎ」?  そうそう、美味しいおはぎ。特にこのさいちさんのはね!


              いえいえ、実は、おはぎは秋のものの呼び名。(さいちさんのは商品名ですから勿論関係はありませんが、、、)
              同じものも、春は、「ぼたもち」といいます。

              秋の彼岸のものは、秋の花で「お萩」
              春の彼岸のものは、春の花で「牡丹餅」でぼたもち

              同じものも、その季節の花に合わせた名前で読んでいたのですね。

              でも、おはぎは良いとして、ぼた餅「牡丹餅」といっても牡丹は4月〜5月のお花。
              東北は、GWあたりに咲くイメージで、ちょっとピンと来ないのですが、、、。

              でも、こうした食べ物にも日本人の言葉のセンスが感じられて嬉しくなりますね。

              さて、明日は「ぼた餅」たべようかな〜!


               
              あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              癒やされるお葉書
              0
                JUGEMテーマ:ビジネス

                お葉書が届きました。
                まあ!と思わず声が、、、



                ニホンサクラソウの絵柄、子供の頃から親しんだお花。お礼のお葉書でした、、、。

                そして、こちらは



                癒やしにはぴったりの思わず笑顔になるお地蔵さま。

                下さったお二人のお優しいお顔が目にうかびます。

                嬉しいお葉書でした。本当に嬉しいですね。

                 
                あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                いいとこ、みーつけた!
                0
                   JUGEMテーマ:コトノハ

                  いいとこ み〜つけた!




                  今日引っ越しです。
                  食器棚が空っぽになったら、、、

                  早速の大運動! 

                  あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  嬉しい便りは寒いところから暑いところまで
                  0
                    JUGEMテーマ:コトノハ
                     
                    今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

                    今日は12月25日、クリスマスですね。カナダのウイスラーにいるいとこから、クリスマスカードが届きました。雪がどっさり!氷点下も20度も経験するという気温の中で生活しているのですが、その寒さの中心、スキー場で仕事をしているいとこ一家です。

                    一方、暑い国からの嬉しいメール。最高気温は30度台のタイに移住なさった方からのメールが。以前、仕事で随分お世話になった方です。「日本はかなり寒いそうですね。こちらは暑くて申し訳ないですね!」
                    弾ける笑顔とお声が届いてくるような、元気を届けて下さるメールでした。

                    遠くにいても、メールもお手紙で本当に身近にその存在を感じるものですね。頂いて嬉しい気持ちで一杯になりました。

                    日本国内でも北と南では随分気温が違いますが、住むところの気温、土地柄でも体調も、気分も違うかもしれませんね。今日もそれぞれの方が遠くの方とやりとりを楽しんでいるクリスマスかと思います。

                    今年は、寒い冬。寒いときこそ、大切な方との心のふれあいで温かい夜をお過ごしくださいね。

                    明日は、冬型の気圧配置のため、一段と寒い一日となりそう、、、。

                    年末、体調管理に気をつけてお過ごし下さいね。
                    あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    ものの見方
                    0
                      JUGEMテーマ:コトノハ

                      今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
                       
                      今日は衆議院選挙の投票日。少し体調を崩している私も、なんとか時間を作って、投票へ。

                      会場は、近くの小学校。


                      「あらためてみると、校舎も、校庭もせまかったのね、、」とは、ここで小学校生活を送った娘のことば。

                      同じものも自分の身長で考えていたからもっと大きく、もっと広く感じていた場所。6年と言う時間をここで過ごし、ここでものを考え、学んでいった場所。ここで培った「ものを見る目」。大学を東京で過ごし、社会人となった今、同じものを見ても随分と違って見える。事実は同じでも、見方は様々。 

                      でも、これは誰でも同じですね。

                      自分の物差しで見ていたものが、少し別の考え方が出来るようになった後の物差しで見ると、同じものも別のものに見える,,,見方を変えるとは、見る位置を変える、居場所を変える、触れるものを変える、環境を変える、、等。

                      たまには、勇気を出して別の角度からものを見れば、新しい発見ができるはずです。

                      さて、今日の選挙結果は、どうなるでしょうか。

                      変えられないと思うのは、きっと思い込み。
                      あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      search