今日はアンガーマネジメントと話し方の講演と講座で登壇しました
0

    今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

    研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。

    お陰様で、キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして、

    今年でいよいよ34年目に入ります。

     

    今日はダブルの講演と研修でした。

     

    初めは、昨日に某所で、引き続きパワーハラスメントとアンガーマネジメントの2時間講演。70名様程の皆様に、休憩無しでびっしりとお付き合いいただきました。

     

    そして、夜は、仙台生涯学習センター様で、街作り支援講座の2回目を担当させていただき、話し方の研修を2時間担当致しました。

     

    ワークを入れながらの2時間で、あっと言う間だったと参加者の方に仰って頂いたとおり、大いに盛りあがって賑やかにすすめることが出来ました。

     

    ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

     

    そして、ご依頼下さった二つのご担当者様、お世話になりました。

    話し方 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    今年も本当に、お世話になりました!
    0

      今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

      研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

       

      今年も多くの方に支えられ、背中を押され、楽しむことが出来ました。お一人お一人に心から感謝申し上げます。

       

      ご紹介で頂いたご縁がしっかりとお互いの信頼関係に繋がった方、結果を出して頂くことで更に深く関わらせて頂いた方、新しい出会いが新展開を迎えまた新たな出会いを引き寄せた方、幸せを呼び込んでこちらまで幸せにして下さった方、人生を楽しむきっかけをつかんで下さった方、継続は力なりとずっと静かに私に寄り添って下さった方、大人の遊び場に賛同して大人の新しい楽しみをクリエイトして下さった方、そして、それに乗っかって大いに知的に楽しんで下さった方、

       

      お一人お一人に唯々、感謝の思いで一杯でございます。

       

      本当にありがとうございました。

       

      来年は、更に、奢らず、真摯に、150%の努力を続けて参ります。
       

      ご縁をいただきたお一人お一人のお幸せをお祈りしております。そしてまだ見ぬ方との出会いを楽しみしております。

       

      皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

      話し方 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      第88期土曜集中講座は、最高の感動の一日でした!
      0

        今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

        研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
        キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

         

        【人が輝ける場所に!13年続けたからこその幸せ💕

        今年最後の土曜集中講座。
        『その話、伝わっていますか?』をテーマにがっちりトレーニングして忘年会へ。
        盛り上がる盛り上がる〜😀

         

         

        一人一人の、今年一年を振り返ってのスピーチ。
        祝福の拍手が何度も何度も湧き起こりました👏

        〇〇の師範試験に合格しました!
        結婚することになりました!
        仕事の職位が上がりました!
        話し方を褒められることが多くなりました!
        この講座に通って2年。人生がすっかり変わりました!
        新しい決断をしました!
        こちらで学んでから仕事の幅が広がり、会社は今までで最高の収益を上げることが出来ました!
        最悪の状態の時に講座に参加しましたが、
        皆様との出会いで救われて自分らしく過ごせるようになりました!
        などなど。

         

        そんなこと言われたら、、、、。
        泣きたくなるくらい幸せな気持ちになりました。
        ひたひたと押し寄せる感謝の気持ちと感動。

         

         

        あ〜皆様と出逢えて、本当に良かった💖
        講座を13年続けて来て本当に良かった💖

         

        懇親会の二次会は珍しくカラオケボックス!
        2時間いて、歌った曲はたった三曲!(◎_◎;)
        後は爆笑トーク🤣 笑い転げて、涙流して最高の忘年会でした!

        あー幸せ

         

        皆様、本当にありがとうございます!

        話し方 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        アンケート結果に学ぶ
        0

          今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

          研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
          キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

           

          昨日アップした医療系施設でさせていただきましたアンガーマネジメント研修のアンケート結果を見せていただきました。

           

          こうした研修には、必ず開催する目的があります。

          現場には3つのニーズがあります。

           

          まずは、

          現場の方々のニーズ

          上司のニーズ

          そして、経営者側のニーズ

           

          講師としては、その3つのニーズにお応えできるようにと力を注いでおります。

           

          そして、講師としても振り返りをして反省をするのですが、

           

          まず、

          内容を理解していただいたのか

          説明がわかりやすかったか

          そもそもその必要性を感じていただいたのか

          その効果を実感できたのか

          どんな気づきがあったのか

          現場でどのように活かしたいのか

          ご自分でやってみようと思ったことは何か

           

          などなど、伝える側としては、皆様のお声を是非伺いたいというのが本音なのです。

           

          そうした意味では、本当にアンケート結果には学ばせいただくことが多くあります。

          多くの方にご理解頂いたとしても、中には辛口のコメントを下さることもあるのですが、

          それも学びです。貴重なご意見として、次につなげるステップとしてまいります。

           

          今回もアンケートに答えてくださった皆様、

          ご協力、ありがとうございました。

           

           

           

           

           

           

           

          話し方 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          話し方実践セミナーで、今日伝えたかったこと
          0

            今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

            研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
            キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

             

            話し方実践セミナーがスタートして、現在第60期。

            セミナーAの基本から、セミナーBの応用まで、

            その名の通り実践で学んで頂いております。

             

            それぞれお申し込みの動機は違っていても、話し方という点は同じです。

             

             

            どのようにしたら、相手に伝わるのか。

            皆様、その点に注目していらっしゃいます。

             

            ただ、その前に大事なことがあります。

             

            なんのためにという目的

            誰にという聞き手

            何をという内容、

             

            どれをとっても大切なこと。

             

            特になんのためにを考えないと、ブレてしまうのです。

             

            今日のセミナーAの2回目では、そのことに気づいて頂くワークが続きました。

             

            たかが話し方、されど話し方。

            奥が深いです!

             

             

             

             

            話し方 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            言葉の持つイメージの違い
            0

              今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

              研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
              キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

               

              連休はいかがお過ごしになりましたでしょうか。

               

              ウエディングパーティーの招待状が届き、今日はそのためのお買い物。

               

              さてと、困ったのは、招待状に記述してあった「ドレスコード」

               

              ウエディングパーティーのドレスコードというと、

              フォーマルかいわゆる平服でというもの。

               

              今回は、そうではありませんでした。

              そのドレスコートとは、「艶っぽいもの」

               

              艶っぽい服装とは、、、、と何やら悩んでおりました。

               

              人によっては、艶っぽいというイメージは異なっていますね。

              だからこそ、悩むことになったわけです。

               

              勿論、きらきらも、露出部分が多いことも、つやのある布地もきっと艶っぽいし、

              仕草や、立ち居振る舞いということもあるはずですね。

               

              言葉が持つイメージが異なるもの。

              だからこそ、迷ったり、あれ?違ってる?と不安になったり。

              ただ、そのイメージ違いを楽しめば、また楽しからずやです。

               

              結局、今日はそのイメージ通りの靴をゲットして帰ってきました。

               

              さて、艶っぽいという言葉を楽しめるパーティーまで、あと1ヶ月です。

               

              話し方 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              「ジェットストリーム」が好き!から気づいたこと
              0

                今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

                研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
                キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

                 

                「ねえ、じぇっとストリームって知ってる?」

                「勿論、あれ好みなんだ」

                「そっか、今度ね、コンサートがあるのよ、行きたいな〜」

                「え?珍しいねえ、どんな?」

                「それがね、スタートして50周年記念なんだって!それを記念して、大沢たかおさんがナレーションで、、、、。

                なんだか、ぐっときそう〜」

                「へー、珍しい!でも、ジェットストリームって登場して数年じゃないの?」

                「え?ほらほら、パイロットは、、、という懐かしい台詞、、」

                「ジェットスストリームは、パイロットじゃなくて、三菱だけど?」

                 

                はあ〜〜〜!!!!

                 

                私のジェットストリームは、「番組名」

                相方のジェットストリームは、「ボールペン」

                 

                まあ、どちらも素晴らしいんですけれどね。

                事々左様に、出発点の確認がないと漫才になるのですね。

                 

                勿論、笑って済まされる内は良いのですが、これが仕事となると話は違ってきますね。分かっているつもり、伝えたつもりは大きなミスに繋がります。

                 

                言葉は、自分の環境・体験を通して身につけてきたもの。同じ言葉でも違った意味を持ったり、違って受け取られたり。そこからコミュニケーションミスが起こります。

                 

                例えば、

                IT業界の「環境」

                放送業界の「笑って」

                方言の「投げる」

                 

                色々ありますね。

                言葉の定義が違っているのです。

                同じ言葉でも、相手が正しいイメージを持てるように自分の言葉を調節する必要があるのですね。

                 

                冒頭の確認は、ゆめゆめ怠りなく。

                話し方 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                うなずくことを忘れない 
                0

                  今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

                  研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
                  キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

                   

                  毎日新聞にこんな記事がありました。

                   

                   

                   

                   

                  今回の研究では、「うなずく」が「首を横に振る」「静止したまま」より、相手に与える印象が良かったのは、約30%、近づきやすさが約40%高い結果が出たということなのです。

                   

                  確かに、相手に首を横に振られるようなしぐさをされたら、「否定されている」とか、「相手にされていない」とか感じますね。それより、頷いて聞いて下されば、「共感してもらえている」と感じることで、印象が良くなるということ。

                   

                  実際研修で、コミュニケーションが苦手という方に多く見られることは、

                   

                  1うなずくことが苦手

                  2相づちのバリエーションが少ない

                  3共感ワードを伝えない

                  4表情がない、又はワントーン

                  5オウム返しがない

                   

                  などなど。

                  ご自分から新しい話のネタを振らなくても、まずは、挨拶から。

                   

                   

                  北海道大学の河原純一郎准教授(認知心理学)は、今回の成果をマナー教育や人型ロボットの製作などに役立つとおっしゃっています。

                   

                   

                  うなずきが大きな成果を出すことは間違いなさそうですね。

                   人と対面した時、うなずくだけで好感度のポイントが最大40%もアップすることを実験で確認したと、北海道大の河原純一郎准教授(認知心理学)らの研究グループが英学術誌に発表した。マナー教育や人型ロボットの製作などに役立つ成果という。
                   人と対面した時、うなずくだけで好感度のポイントが最大40%もアップすることを実験で確認したと、北海道大の河原純一郎准教授(認知心理学)らの研究グループが英学術誌に発表した。マナー教育や人型ロボットの製作などに役立つ成果という。

                   人と対面した時、うなずくだけで好感度のポイントが最大40%もアップすることを実験で確認したと、北海道大の河原純一郎准教授(認知心理学)らの研究グループが英学術誌に発表した。マナー教育や人型ロボットの製作などに役立つ成果という。

                   グループは、アジア系の若い女性をイメージした48人分の顔のCG(コンピューターグラフィックス)を作成。それぞれ、うなずき▽横の首振り▽静止−−の3パターンを作った。音声や顔の表情は付けなかった。これを18歳以上の男女33人に見せ、魅力▽好ましさ▽近づきやすさ−−を100段階で評価してもらった。

                   その結果、首振りと静止に対するうなずきのポイントが、「好ましさ」で約30%、「近づきやすさ」は約40%高かった。「魅力」の差は小さかった。

                   また、別の18歳以上の男女16人に、見た目の良さ▽性格の良さ−−の印象を同様に評価してもらったところ、うなずいた場合に、性格の良さが他より約25%高かった。見た目の良さはほとんど違いがなかった。

                   人と対面した時、うなずくだけで好感度のポイントが最大40%もアップすることを実験で確認したと、北海道大の河原純一郎准教授(認知心理学)らの研究グループが英学術誌に発表した。マナー教育や人型ロボットの製作などに役立つ成果という。

                   グループは、アジア系の若い女性をイメージした48人分の顔のCG(コンピューターグラフィックス)を作成。それぞれ、うなずき▽横の首振り▽静止−−の3パターンを作った。音声や顔の表情は付けなかった。これを18歳以上の男女33人に見せ、魅力▽好ましさ▽近づきやすさ−−を100段階で評価してもらった。

                   その結果、首振りと静止に対するうなずきのポイントが、「好ましさ」で約30%、「近づきやすさ」は約40%高かった。「魅力」の差は小さかった。

                   また、別の18歳以上の男女16人に、見た目の良さ▽性格の良さ−−の印象を同様に評価してもらったところ、うなずいた場合に、性格の良さが他より約25%高かった。見た目の良さはほとんど違いがなかった。

                   人と対面した時、うなずくだけで好感度のポイントが最大40%もアップすることを実験で確認したと、北海道大の河原純一郎准教授(認知心理学)らの研究グループが英学術誌に発表した。マナー教育や人型ロボットの製作などに役立つ成果という。

                   グループは、アジア系の若い女性をイメージした48人分の顔のCG(コンピューターグラフィックス)を作成。それぞれ、うなずき▽横の首振り▽静止−−の3パターンを作った。音声や顔の表情は付けなかった。これを18歳以上の男女33人に見せ、魅力▽好ましさ▽近づきやすさ−−を100段階で評価してもらった。

                   その結果、首振りと静止に対するうなずきのポイントが、「好ましさ」で約30%、「近づきやすさ」は約40%高かった。「魅力」の差は小さかった。

                   また、別の18歳以上の男女16人に、見た目の良さ▽性格の良さ−−の印象を同様に評価してもらったところ、うなずいた場合に、性格の良さが他より約25%高かった。見た目の良さはほとんど違いがなかった。

                  話し方 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  話し方で未来を変える! 今日は、第59期話し方実践セミナーAでした
                  0

                    今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

                    研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
                    キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

                     

                    「本当に濃い2時間でした!」

                    「何を話したいかではなく、聞き手が何を知りたがっているのかに応えることが大切なのですね」

                    「情報のチョイスの仕方が目からウロコでした」

                    「事実を伝えるだけでは、もの足りないことがよくわかりました」

                     

                    時間が限られているとき、

                    相手にとって興味のない話のとき、

                    配付資料がありすぎるとき、

                     

                    実際の仕事の場面で、そうしたことは多いですね。

                    話し方実践セミナーは、そうした現場で使えるスキルをお伝えしています。

                     

                    前回の1回目で学んだことを実践した方から、

                     

                    「さっそく人前で以前より上がらずに話すことができました」

                    「話すときは、○○を意識するようになりました」

                    と、一歩ずつ前進している様子をご報告下さったり、

                    自己紹介で、前回にお伝えしたポイントを実行される方がいらっしゃったり、

                    嬉しい変化が出ています。

                     

                    話し方で人生を変えてきた経験を持つ方が増えています。

                    何を隠そう、私もその一人。

                     

                    だからこそ、お一人お一人に寄り添ってお伝えし、

                    皆様に結果を出していただきたいと強く思っているのです。

                     

                    プレゼンでどうしも勝てなかった他社に勝てたり、

                    プレゼン大会で全国第2位になって50万円をゲットして、リーダーになったり、

                    話し方が上手いと評判になり、やりたかった仕事を任されたり、

                    講演を褒められ引っ張りだことになったり、、、。

                     

                    数え上げたら、キリがありません。

                    全ては、実際にセミナーを受講して下さった方々の変化です。

                     

                    今日も、それを目指していただきたいと、バッチリ2時間のトレーニングです。

                    皆様、同期と協力して、よく頑張って下さいました。

                     

                    一人で学ぶこともできます。

                    でも、こうして皆様とご一緒に学ぶと、同じ課題でも捉え方の違いが学べて新しい発見があることも事実です。

                    今日のワークも、そのことで大いに盛りあがりました。

                     

                    次回は、3回目でゲーム感覚で学ぶスピーチ術。

                    皆様の変化が楽しみです!

                     

                    さて、次回の話し方実践セミナーAは、記念すべき第60期。

                    感慨深いです!

                    第60期は、11月1日スタートです。

                     

                    話すことに苦手意識がある方

                    今さら人に聞けないというトップの方、リーダーの方、

                    是非、どうぞ。

                     

                    話し方で未来を変えてみませんか?

                    詳しくは、こちらからどうぞ

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    話し方 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    お彼岸に、仏教の言葉「和顔愛語」とは
                    0

                      今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

                      研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
                      キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

                       

                      秋のお彼岸。

                      お墓参りとお仏壇のお参りする、、、いつもの習慣です。

                       

                      仏教の習慣ですが、私にとっても子どもの頃からのごくごく当たり前の過ごし方です。

                       

                      その仏教の言葉で、「和顔愛語」というのをご存じでしょうか。

                      『大無量寿経(だいむりょうじゅきょう)』というお経の中に説かれている言葉なのだそうですが、

                      私がこの言葉に出会ったのは、今から15年ほど前のこと。

                      自己表現について学んでいたときのこと。


                      「和顔」とは、「和やかな顔(表情)」ということ。
                      「愛語」とは、「優しい言葉」ということ。


                      つまり、和やかな笑顔で優しい言葉をかけること。

                      そうすることで、自分も相手も幸せにすることが出来るということなのですね。

                       

                      それ以来、「和顔愛語」という言葉を自分の中で大切にするようになりました。

                      常に穏やかで和やかな表情でいたい、、優しい言葉を紡いでいきたい、、。

                      そのせいでしょうか、

                      「どうしてそういつも笑顔なのでしょうか」

                      「毎日、笑顔の練習でもしていらっしゃるのですか」

                      と聞かれることがあります。

                       

                      自分の顔は、自分のものであって自分のものでないのです。

                      自分でなその都度のその都度の自分の表情をみることはできません。

                      相手が自分の顔を見て判断するのですね。

                       

                      「和顔愛語」は、職場でも家庭でもお客様にでも、幸せをもたらすことができます。

                       

                      さて、明日も和やかな表情で、優しい言葉を紡いでいきましょうか。

                       

                       

                       

                       

                      話し方 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      search