今日はお料理 もやしのナムル
0
    このお料理は、昔、韓国の方から教わったもやしのナムルです。もやしのナムルはこんな風につくるのかぁ、そんな一品です。

    材料:豆もやし一袋(ふつうのもやしではありません)たくさん食べたいときは二袋、長ねぎ(小ぶりが1本)、にんにく一片、コチュジャン小さじ1〜大さじ1、韓国製唐辛子粉末小さじ1、さとう大さじ2/3

    豆もやしはひげ根はとりません。洗って水からゆでます。このときに塩を小さじ1加えます。下の写真では蓋はかぶせていませんが、これは中身をみるためのもので、蓋をするのですが、蓋は決して取ってはいけません。もやしの風味を閉じこめるためです。沸騰してから7分間茹でます。


    この間に、長ねぎやにんにくをみじん切りにします。長ねぎは縦方向に2カ所切れ目を入れてから、小口から刻んでゆきます。


    にんにくと長ねぎ、コチュジャンと韓国製唐辛子粉を用意します。このコチュジャンは韓国の友人にいただいたもの(お手製)ですが、おそらく韓国製のコチュジャンならなんでも大丈夫だと思います。


    ゆであがったもやしのお湯を半分ほど捨て、そこににんにくと長ねぎを加え、コチュジャンと韓国製唐辛子粉、それに砂糖を加えます。辛さは、お好みですので、辛くしたい方はそれなりにお願いします。そしてまた7分間炊きます。


    裏返して(というのも変ですが、大量に作る場合は確かに裏返すような雰囲気があります)また7分間もしくは煮汁が焦げつく直前まで、炊きます。

    これが炊きあがった状態です。


    すぐ召し上がってもいいのですが、できれば一晩おいておきます。そうすると味がなじんでとてもおいしく食べられます。


    写真では、ごまを振りかけるのをわすれてしまいました。ごまも加えてください。

    もやしのナムルどうぞお試し下さい。その辺りに売っているものより遙かにおいしいですよぉ怒り。なにせ韓国直伝ですから。
    血圧改善レシピ | comments(2) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    ご無沙汰しております。
    以前、セミナーを受講していました、生越悟子です。
    秋田・横手で、はじめての冬を越し、雪国の人ってえらいなあ〜と心の底から感じています。
    そんな冬も終わり、ゆっくりではありますが、今の私にできることをコツコツとはじめようと思っています。

    こちらで、先生の近況がわかり、ファンとしては喜んでおります♪それから、食いしん坊の私は、紹介されているレシピも、毎日の参考にしていまーす!

    またお会いできますように・・・!
    2008/03/21 9:55 PM
    おごぴょんさん、お変わりなく何よりです。
    だいぶ横手での生活にも慣れたようですね。
    かわいらしいお子様に囲まれて日頃のお疲れも取れる事でしょう。

    こちらも色々と挑戦している事を載せて参りますのでどうぞチェックしてみて下さいませ。勿論、レシピもね!

    次回お目にかかれるまでお互い一杯お話できるよう充実して毎日を送っていきましょう!
    志伯暁子
    2008/03/23 8:46 PM
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://brog.careertalk.velvet.jp/trackback/676278
    TRACKBACK BOTTOM
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search