司会者へのペップトーク
0

    今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

    研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。

    お陰様で、キャリアに見合った話し方・ペップトーク・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えしております。

     

    今日は、司会を担当するパーティーのお打ち合わせ。

    段取り八分。

    司会者は単なる進行役ではありません。総合プロデューサーの役割を担う者なのです。

    段取り通りに進んであたりませ。

    でも、アクシデントがあった際に、臨機応変に対処できるかが問われます。

    そんな時、司会者としてどんな風に向き合えば良いのか。

    それがペップトークです。

     

    緊張しないでではなく、楽しんで!

    読み飛ばさないようには、原稿をかくにんしてね!

    失敗しないでではなく、ひとつひとつ丁寧に!

    お客様に迷惑をかけないようにではなく、楽しんでいただけるように!

     

    と言葉を変えることが大切です。

    ネガティブをポジティブに、「して欲しい変換」です。

     

    脳は、一端言葉はイメージされると、心と体に反応し、影響を及ぼします。

    例えば、「緊張しないで」と、して欲しくないことを伝えていませんか?

    「緊張する」を「しない」に打ち消しているにも関わらず、「緊張」という文字が一端インプットされると、身体がこわばり、胸がドキドキして、肩に力が入り、声がふるえ、ますます緊張してきて、自信がなくなり、失敗する、、、ということ。

     

    だったら、緊張しないでではなく、楽しんで!と、「してほしいもの」に変えるのです。

    そうすれば、結果は違ってくるのです。

     

    司会の際に、自分自身にこうしたペップトークをすることが大切です。

     

    ペップトークとは、

    ポジティ語(ポジティブな言葉)で、

    相手の状況を受け止め

    ゴールに向かった

    短くてわかりやすく

    人をその気にさせる

    言葉がけ

    勇気づけトークです。

     

    やる気をなくす言葉を使わない、、、。

    今甲子園では、高校野球の熱戦が繰り広げられています。

    こうしたペップトークが力を発揮する場面ですね。

     

    今回から、ブログでペップトークを少しづつお伝えして参ります。

     

    ペップトークを学びたい方は、9月14日(土)13時〜の土曜集中講座でもお伝え致します。

    詳しくは、こちらをどうぞ。

    勿論、企業様でもお伝え致します。

    ペップトーク | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://brog.careertalk.velvet.jp/trackback/1269404
    TRACKBACK BOTTOM
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search