クリスマスの飲食店のサービスの様変わり
0

    今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

    研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。

    お陰様で、キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして、34年目に入りました。

     

    街にジングルベルが流れる、、、というよりは、今大分曲が変わったように思います。私がお店で良く聞くのは、「恋人達のクリスマス」と「ハッピークリスマス」「ラストクリスマス」

     

    勿論、「クリスマスキャロルの頃には」や「クリスマスイブ」もありますよね。

     

    時期になると耳に心地よく聞こえてくるだけでなく、なんとなく切なくなったり、嬉しくなったり、、、。曲が持つストーリーに自分を重ねるからでしょうか。

     

    今年もやってくるクリスマス。お店のサービスも、イルミネーションやツリーの飾りは勿論、ケーキプレートに文字を書き入れたり、ちょっとして小物を使った盛り合わせをしたり、楽しいこと満載です。

     

    ファミリー向けというより、カップル仕様かしら、、とずっと思っていましたが、中には、「カップルお断り」とうたったお店も登場してきました。

     

    もともと、クリスマスは、カップルのモノだけではありません。むしろファミリーで静かに祝うもの、だったら本来のそうしたお店にしましょうというのか、あるいは、カップルだらけだと、他の方が入りにくいのか、、、。

     

    サービスは一律ではないもの。それを実感する今年のクリスマスの飲食店のサービスですね。

    よもやま話 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://brog.careertalk.velvet.jp/trackback/1269314
    TRACKBACK BOTTOM
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search