仙台石材業協同組合様の新年研修会で登壇
0

    今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

    研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。

    お陰様で、キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして、

    今年でいよいよ34年目に入ります。

     

    【5W1Hと6W3Hの違いとは?】

     

    よく言われる5W1Hと6W3Hの違いとは、何でしょうか?

     

    今日は仙台石材業協同組合様の新年研修会で登壇して参りました。今回が7度目。毎回テーマはお任せとのことなので、皆様の今のニーズに合った内容をご提案の上、ご提供しております。

     

    その中で、ご説明したのがこちら。
    案外、え?と、書けないものです。

    5W1Hは、何かを伝えるときの情報伝達のテクニック。
    6W3Hは、仕事に際して多く使われるもの。

     

    who, when, where, what, why, how に、
    whom, how many, how much を加えたものが、6W3H ですね。

     

    こちらをきちんと日本に化して、考えをまとめたり、質問をクリエイトしたり、分析することが求められます。

     

    研修をしていると、講師も受講される方も
    『わかったつもり、理解していたつもり』が
    いかに多いかに気付かされます。

     

    懇親会までお招き頂き、賑やかな新年勉強会。
    講師も毎回新たな気づきを頂けて、ありがたいです

    研修 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://brog.careertalk.velvet.jp/trackback/1269145
    TRACKBACK BOTTOM
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search