コミュニケーション研修のご依頼が増えています
0

    今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

    研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

     

    お陰様で、昨日に引き続きコミュニケーション研修のご依頼を頂いております。

     

    意思の疎通を意味するコミュニケーションは、一般的には発信者と受信者の間に、言葉や音楽、美術と言った媒体を通してやり取りをすること。

    その中で、発信者は、翻訳をして表現し、また受信者も自ら翻訳という作業で

    それを受け取っていることになります。

     

    その翻訳する際に、発信者と受信者の使っている言語(音楽、美術の意味も)が違えば、同じようには伝わっていないということになるのです。

     

    そのために、企業として同じ言語を持ちたいと、12年程前に社員全員にご受講頂いた内容を、その後毎年入ってくる新入社員の方々に、同じ内容の研修を提供して下さっているところがあります。

    そちらの企業様で、新年早々に、その研修がはじまります。

     

    コミュニケーション研修が必要であることが多くの企業で言われて、12〜3年ほどになるでしょうか。

     

    もっともっと前から実施している企業様もありましたが、

    初めは「まず、周りの様子を見てから」、

    そして「そろそろ、実施してみますか」になり、

    その後は「これは、他の部署でもやらなけれが、、、」になることが多いのが実情です。

     

    年末ぎりぎりでも、こうしたご縁を頂けることに、心から感謝しております。

    コミュニケーション | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://brog.careertalk.velvet.jp/trackback/1269085
    TRACKBACK BOTTOM
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search