怒りをエネルギーに変え、社会を変えてきた団体があります
0

    今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

    研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
    キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

     

     

    社会から忘れられた存在、難病や障害のある人々。
    その当事者である筋ジストロフィー患者山田三兄弟。
    その3人が中心となって、ありのままに生きる社会を目指し、自ら声を出し社会に対し訴え、その怒りをエネルギーに変え、人を動かし、社会を変えてきたのが、社会福祉法人ありのまま舎さん。
    全身の筋萎縮と筋力の低下が進行して行く難病を抱えながら、社会に衝撃を与えた、映画『車椅子の青春』『さよならの日々』『メタセコイアの木の下で』ほか、多数制作。
    自立ホーム建設、難病ホスピス建設、
    『全身動かず』他、多くを出版。
    車椅子で全国に出向き、声を上げ、多くの支援者と共に活動を続け、
    そして、多くの賞を受賞しています。
    今日は全国から多くの支援者の方が集まって下さいました。
    私も関わらせていただいてから、30年。
    大したこともできない私でしたが、多く学ばせていただいてきました。
    とくに、人としてどう生きるかを。
    テーブルでおもてなしとお土産にご用意されたお菓子は、
    福島県郡山市の障害者の方が作られたお菓子です。
    縁起菓子ふくふくと、魔法のお菓子ぽるぼろん。
    ネーミングも可愛いですね。
    現在も原発被害を受け、地元に戻れない福士事業所を少しでも応援したいとの思いだと伺いました。
    支え合う姿勢はどこまでも。
    集まってくださった方々とスタッフの思いに感動しながらの一日でした。
    アンガ−マネジメント | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://brog.careertalk.velvet.jp/trackback/1269027
    TRACKBACK BOTTOM
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search