なるほど!のおもてなしを考える
0

    今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

    研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
    キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

     

    今日はコミュケーション研修で登壇致しました。

    その際に、数々のおもてなしを頂きました。

    その都度お優しい心遣いを感じて、心がほっと温かい気持ちになります。

     

     

    この「おもてなし」は、ちょっとした心遣いは、目配り、心配り、気配りがあってこそ表現できるものですね。

     

     

    先日お邪魔した割烹での出来事。

     

    靴を脱いだとき、ご担当の方が「お預かり致します。こちらをどうぞ」と、番号札を渡されました。

     

    こうした靴箱や下足の番号札というのは、とかくバッグの中で迷子になってしまうもの。

    「あれ?どこにいったっけ?」と帰るときにゴゾゴゾしてしまうのですね。

     

    ところが、こちらの番号札には、そんなお客様の為にちょっとした工夫がされていました。

     

    それは、、、、

     

    番号札に鈴を付けるとこと。

    ちりちりんと、軽やかな音色がでる小さな鈴です。

     

    お陰様で帰りにすぐに取り出すことができました。

     

    お客様のお困りのことを解決する、日常のお困りごとをキャッチし、具体的な解決策にむずびつける、、、

    ぼんやり見ていたら気づかないし、気がついても改善しようと思わなければ無かったお話。

    ちょっとした心遣い。でも、なかなか気づかないもの。

     

    おもてなしは、さすがでした。

     

    接遇・おもてなし | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://brog.careertalk.velvet.jp/trackback/1269025
    TRACKBACK BOTTOM
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search