青空に想う
0
    JUGEMテーマ:コトノハ

    今日もおたずねいただきましてありがとうございます。

    青空の広がる日曜日。気持ちの良い日、、、と青空を仰ぐと、気持ちの奥の方から沸き上がってくる悲しみ。

    昨日、友人が津波で亡くなった地域を訪れました。

    海に向かってただただ広々と土地がひろがっている、、。以前あった家々、商店街、道路、どこがどこやらわからない、、、。いくつか瓦礫が山と積み上がって盛り上がったところがありました。ただ、普通の山と違うのは、直線でかちっとしただんだんの山、そして一本の木もない山だということ。そこに、雪が積もっていました。

    ぽつんと残っている住宅は、勿論住んでいるはずもなく、ただ、形を残しているだけ。だらりと垂れ下がった屋根の残った部分は、そのすさまじさを改めて見せつけるものでした。

    あの日、もしや、、、と思って、探して、探して、思いもかけない辛い結果を知り。お通夜に参列した仲間の一人がぽつんとつぶやいた言葉「もう、こんな悲しいことは嫌、、、」

    あれから一年近く経って、ようやくその土地を訪れたけれど、胸が苦しくなるばかりでした。近くには、慰霊をなさる方の姿もちらほら見えて、なんと言ったらいいのでしょう。悲しみは薄れるどころか、日に日に大きくなって別の形で訪れているような、そんな気がしたのです。

    大きな悲しみを秘めて日々暮らしている方も大勢周りにいらっしゃいます。

    私に出来ることは少ないけれど、できることを一歩づつ。共に寄り添っていきたいと思っています。

     
    東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://brog.careertalk.velvet.jp/trackback/1267173
    TRACKBACK BOTTOM
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search