遂にお菓子放浪記完成記念披露試写会
0
    JUGEMテーマ:コトノハ
     
    今日もおたずねいただきましてありがとうございます。

    映画「エクレールお菓子放浪記」の完成記念披露試写会が先日仙台の電力ホールで開催されました。



    舞台挨拶に立ったのは、近藤明夫監督、主役を演じた吉井君、そしていしだあゆみさん、林隆三さん。

    原作は、小説家西村滋さんの自伝的作品。登場人物は全て実在であるとパンフレットの西村さんの言葉にありました。物語は昭和18年、主人公のアキオ少年は、両親と死別して孤児となり孤児院から感化院へ。そこから里親に引き取られたかと思ったら放浪の身となり旅回りの一座に加わったり、、、愚連隊の仲間になったりと波瀾万丈の少年時代。延べ500名に及ぶ宮城県民がエキストラとして加わっていただき県内5カ所の市町村でロケ。登米市の教育資料館、石巻の岡田劇場、大崎市の旧岩出山町の造り酒屋森民酒造など、おなじみの場所が登場しました。

    これから宮城県民12万人、全国100万人にご覧頂くことを目標に上映運動をなさっていくと云うことでした。

    会場は、一杯のお客様。出演者、関係者の方々、エキストラでお席が一杯に、とにかく涙無しでは見られません。主人公役の吉井肇くんの透き通るような目と浴衣で自然な表情が見る人の心をぐいぐい引っ張っていきます。全てが事実だということも驚き。何とも驚くような出来事ばかり続いて戦争を挟んでという時代背景はあるものの、どうにもせつなくて、、、。
    ただ、そこに溢れる人と人との繋がり、お菓子のもつ不思議な力、。なんとも心にじんじんくるような映画でした。

    5月頃から上映が始まります。
    是非ご覧下さって、応援して頂けたらと思います。



    - | comments(2) | trackbacks(1) | -
    entry_bottom
    Comment
    志伯先生、こんばんは。
    お久しぶりです。
    いつもブログ拝見いたしております。
    毎回勉強になっております。
    仙台での試写会、主人もまいりました。
    原作が非常に悲惨な内容にもかかわらず、映画は意外に軽やかな仕上がりになっている、と話していました。
    原作者の西村滋先生のお人柄なのかもしれません。
    石巻でも今後チケットさばきなど、いろいろ大変なことがあるようですが、多くの皆さんに見ていただきたいですね。
    もちろん、私も早く見たいです!(主人はエキストラで出ておりまして、パンフにも顔が出ています)

    miho
    2011/02/28 6:38 PM
    mihoさま

    お久しぶりです!ブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

    まあ、ご主人も試写会にいらっしゃって、しかもエキストラとしてお出になったのですね。きっと楽しい思い出も出来たことでしょうね。地元の応援を束ねるのはきっと大変なことも多かったかと思いますが、素敵な映画に仕上がったのできっとご満足なさっていることでしょう。私も応援したいと思います。本当に出来るだけ多くの方にご覧頂きたいですね。
    志伯暁子
    2011/03/01 12:32 AM
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://brog.careertalk.velvet.jp/trackback/1266817
    ♪他人(ひと)の お金が ♪とても欲しいの ♪銭ゲバ ♪ブルーライト ♪銭ゲバ〜ρ( ´θ`)/パパパパーン♪ あ、みなさんこんばんわ 「あしたのジョー」の尾藤イサオさん いるわー 「あー夏休み」 だー 「世界は僕らを待っている」 だーと
    | 映画「ふみ子の海」(原作/市川信夫・監督/近藤明男・主演/鈴木理子)応援ぶろぐ | 2011/02/26 4:19 PM
    TRACKBACK BOTTOM
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search