寒い夜には、、、「見上げてごらん夜の星を」
0
    JUGEMテーマ:コトノハ

    今日の
    心の振り子を揺らす、キラキラコトノハ☆  

    「心が澄んでくると、やさしい自分と出会えて自分が愛おしくなる」


    今日も寒い一日でしたね。
    東部には強風警報が出ていましたが
    影響はなかったでしょうか。

    今日のレギュラー番組では、天気、雪による交通機関への影響からスタート。
    リスナーの方からも様々な情報が寄せられておりました。

    私はといえば、昨夜ポジティブコミュニケーションゼミナール後の懇親会を終えての帰り道、
    ツルツルよたよた歩いて、「さむ〜い!」ってタクシーに乗り込みました。
    とにかく寒かったのです。

    お相手の鈴木俊光アナウンサーに
    「昨日は肌が痛いくらいの寒さでした!!!」って話したら
    「それくらいで痛いなんて、怒るよ〜。だってこっちは氷点下17度だったんだから。これが本当に痛いって感じなんだから。」

    北海道に戻ってひさしぶりにそうした寒さに遭遇したんですって。
    凄いんですね〜北海道では。
    そういえばカナダのウイスラー(オリンピックの開催地)にいる私のいとこは
    氷点下20度だってあるって話してましたっけ。
    「うん、鼻の中まで凍るんだよ!」「え〜〜〜〜〜!」

    なのに、久米島でキャンプ中の楽天の選手の皆様、
    今日は雨で室内練習だという同行のアナウンサーからレポートがありましたが、
    今日の気温が15度。
    「いや、みなさま寒い寒いって言ってます」

    15度なのに何を〜〜〜〜!!!
    人の感覚なんてけっこういい加減なものなのですね。

    さて、今日の番組好評コーナー「おとなの音楽会」
    今日は寒ければ寒い程夜空は綺麗!
    星もキラキラ煌めきをましますね。
    そこで、☆にちなんだ歌謡曲を特集しました。

    お届けした12曲中、最後にかけた曲は
    「見上げてごらん夜の星を」

    坂本九さんの大ヒット曲です。
    詩は永六輔さん。

    一言一言じっくり目で追うと、こころに響きます。

    どうぞゆっくり想像の翼を拡げて目で追ってみてください。

    「見上げてごらん夜の星を」 永六輔作詞 いずみたく作曲

    見上げてごらん夜の星を
    小さな星の 小さな光が
    ささやかな幸せをうたってる
    見上げてごらん夜の星を
    ボクらのように名もない星が
    ささやかな幸せを祈ってる
     手をつなごうボクと
     追いかけよう夢を
     二人なら
     くるしくなんかないさ

    見上げてごらん夜の星を
    小さな星の小さな光が
    ささやかな幸せをうたってる
    見上げてごらん夜の星を
    ボクらのように名もない星が
    ささやかな幸せを祈ってる
    レギュラー番組 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://brog.careertalk.velvet.jp/trackback/1266430
    TRACKBACK BOTTOM
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search