阪神淡路大震災から15年
0

    JUGEMテーマ:コトノハ

    今日の午後3時10分頃だったでしょうか、地震がありました。
    いつものレギュラー番組で丁度私が天気予報を読んでいるとき。
    ぐらっと来たのです。
    実は私は天気予報を伝えることに集中していて、お向かいの鈴木アナウンサーが途中から声を挟んでくださるまで全く気がつきませんでした。震度1でしたが、スタジオではもう少し揺れを感じたような気がしましてどきっとしました。他は大丈夫なのかしら、、、。

    折しも今日は阪神淡路大震災から15年

    当時5歳の幼稚園児だった方が、今年は成人式です。
    神戸のある成人式、無くなった同級生の写真を持って式に臨んだというニュースが伝えられました。私の高校の同級生も1人地震でなくなっています。
    親が、伴侶が、家族が、恋人が、友人が、突然の悲劇に見舞われて
    これ以上の悲しみと苦しみはないと思われた方々にも15年という月日は流れたのです。
    その後はどんな日々であったろうと思うと胸が締め付けられます。

    「1・17のつどい―阪神・淡路大震災15周年追悼式典」で、遺族代表の松浦潔さん(56)が述べた言葉をスタジオでもご紹介しましたが、涙が出そうになるのを必死でこらえておりました。
    「悲しみを乗り越えて生きるのはなく、悲しみに寄り添って生きる」そう感じました。
    ブログを訪れて下さった方にも是非全文お読みいただければと思い引用させていただきました。

    被災された方はもちろんのこと日本中の方が悲しみを新たにした日、無くなられた方々のご冥福をお祈りしながら遺族の方のお心安らかにと祈らずには居られませんでした。


    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    遺族代表の松浦潔さんの言葉  (朝日新聞社ネットニュースから)

     本日ここに、皇太子同妃両殿下のご臨席のもと、「1・17のつどい―阪神・淡路大震災15周年追悼式典」が厳粛に執り行われ、ご来賓の皆様方から丁重な追悼のお言葉を賜りましたことに、遺族を代表して心から御礼申し上げます。

     連休明けの1月17日未明5時46分、天と地をひっくり返したような大きな揺れに、長男「誠」16歳とホームステイをしていたオーストラリア人の「スコット」24歳が我が家で亡くなってから、15年がたちました。

     3階建ての2階の部屋で寝ていた2人は建物の重みに押しつぶされ、スコットは即死し、誠はうつぶせに寝ていたベッドで30分くらいは助けてくれと言うようにベッドの横板をとん、とん、とん、とん、とたたいていました。

     何度も何度も助け出そうと、両足を引っ張りましたが、がれきの重さに動かすこともできず、冷たくなっていく我が子をどうすることもできませんでした。

     「ごめんな。助けてやれなかったな。痛かったやろ、苦しかったやろな。ほんまにごめんな」

     これが現実なのか、夢なのか、時間が止まりました。

     そして身体中の涙を全部流すかのように、毎日涙し、どこへももっていきようのない怒りに、まるで胃液が身体を溶かしていくかのような、苦しい毎日が続きました。

     3年くらいたったある日、同じく長男を亡くした2人のお父さんと知り合い、自分だけがつらい思いで生きているのではないと、知らされました。

     その日から、あの時6000余りの人が亡くなり、それぞれの家族に震災のつらさがあるのだということを、思えるようになりました

    亡くなられた皆様に会えなくなって15年。

     あの笑顔、あの声、決して忘れることはできません。

     「会いたい、もう一度会いたい、会いたい」

     皆様へのこの思いは、変わることはありません。

     そんな思いの私たちにも、まるで皆様が引き合わせてくれているかのように、新しい出会いがたくさん生まれました。

     生き残った私たちに何ができるのか、共に助け合い、語り合い、涙して、過ごしてきた15年でした。

     生き残った私たちも、いずれ皆様のところへ参ります。

     その時に、あの震災の日から命の限り一生懸命生きてきたよと、胸を張って言えるように、1日1日を大切に生きていくことをお誓い申し上げます。

     亡くなられた皆様のご冥福を心よりお祈りいたします。

     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    合掌
    レギュラー番組 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://brog.careertalk.velvet.jp/trackback/1266404
    TRACKBACK BOTTOM
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search