小学生低学年に読ませたくて、、、と書かれた「なべになった鐘」という絵本
0

    今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

    研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。

    お陰様で、キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えしております。

     

    朗読ライブ2019で、素適な絵本が作られたことを皆様にお伝えしました。

     

    【震災を知らない小学生の為にと絵本制作】

    『小学1年生や2年生に、震災の教訓を伝える本って無いのよね。だったら私が絵本にして、、』そう思われた小学校の先生がいらっしゃっいました。石巻で自ら被災された、掘込光子さん。あの東日本大震災で、石巻市長面で本当にあったお話を絵本に纏めました。救助のヘリコプターが来るまでの三日間、凍えるようなあ山の中でも80名の住民の方々が命を持ちこたえるこもができた訳は、、、。

     

    それは、、、。

     

    龍谷院というお寺でのお話。地震で避難していたお寺にもあの津波が押し寄せ、街も何もかもめちゃくちゃに。裏山に登って避難して命からがら難を逃れたものの、凍える寒さの中で夜を明かして見れば、壊れたのものだらけ。その中で見つけた釣鐘が人々の知恵と協力により命を救うことになるのです。

     

    このお話に絵を描いたのは、その息子さんの堀込亘さん。今回、朗読ライブに堀込さんにおいで頂き、皆様にもご紹介いたしました。私もその思いを伺って、こうした活動もつくづく大事なことだと実感しました。

     

    この絵本で震災を知らない子どもたちに、あの時人々はどんな協力してきたのか、どんな繋がりで知恵と力を出し合ったのが、どうやって乗り越えたのかを知ってほしい。そして、これを風化させたく無いという思い。親子で製作した本、それがこの本『なべになった鐘』です。

     

    一冊700円。売り上げは、津波遺児の方に寄付されるそうです。

     

    ご注文、お問い合わせ先は、
    堀込光子さま 080 1811 3438
    tomoyukihorikomi@gmail.com です。

    是非お子様と、また様々な子供たちのイベントの中で読んでみませんか。

    東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    あの日の記憶
    0
          今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
      フリーアナウンサー・企業研修講師で「キャリアに見合った話し方」コンサルタントの志伯暁子でございます。

      あの東日本大震災から4年。
      今日は特別の日でした。

      あの日、自宅で研修の準備に追われていた14時46分。
      いきなり襲ってきたあの揺れ。

      大きな揺れの中で、果たしてどうなるのか、これがあの東北を襲うと言われていた大地震なのか、家は倒れないのか、、、
      色々なことを考えながらも、ひたすら揺れの収まるのを願っておりました。

      そして、しばらくして揺れが収まり、、、。
      家の中にバタバタと倒れた家財、本棚、、、、。家族の安否確認で電話をするも、繋がらず。

      あ!停電。夜に備えなければ、、、宮城県沖地震の記憶が甦ってきて、さて、何から手をつけようか、、思っていたときにかかってきた電話。

      思いも掛けない方からでした。
      阪神淡路大震災の体験をしたAさん。
      学校の校庭を避難所としてしばらくそこにいたとずっと以前に話して下さったことがありました。ある勉強会でしりあい、3回ほど、あっただけの方でした。
      矢も楯もたまらず安否確認のためにお電話を下さったのです。

      そして、そのあと直ぐにかかってきた2本目の電話も、同じ神戸で被災したBさんでした。

      頻繁に連絡を取っていた方ではなかっただけに、初め驚いていたのですが、そのお気持ちをただただ、有り難いと思ったものでした。


      まさか、津波が襲ってくるなど、原発で大変なことになっているなど、思いもよらないこと、想像も出来ないことでした。

      停電であれば、情報も少ない、、、。

      夕方から繋がらない電話に業を煮やし、公衆電話に駆け寄った私。

      あの時、数日後に予定されていた、連続セミナーの最終日は中止だということを知らせなければと、受講中の皆様に片っ端からお電話を掛けておりました。

      中には、石巻の方も。
      繋がらない、、、中止を知らせなければ、、、何度出かけて掛けてみても繋がらない、

      まさか、津波でそんな被害が出ているとはまだ知ることが出来ませんでした。

      電気が復帰しパソコンが使えるようになって、初めてメールを差し上げました。
      繋がって、返事を下さった方、
      それでもまだお返事の無い方。

      不安は膨らむばかり、、、

      そして、石巻の方に繋がったのは、大分経ってからでした。

      大切なパートナーを亡くされたことを知りました。

      他にも何人の方かに、同じようなことが、、、。

      あの時のことを忘れることが出来ません。日が経てば経つほど、恐ろしさに身が震わせていたあの時。ブログの記事もずっと書くことが出来ませんでした。
      そして、この震災のこと、知らない人の安否を本気で心配して下さる方が、全国に、いや全世界にいらっしゃることが分かって、胸が熱くなりました。

      あれから4年。

      様々な思いですごされたかと思います。

      決して忘れることができないこと。忘れてはいけないこと。

      それぞれの思いを胸に過ごす、3月11日。

      静かに時間が流れていきます
      東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      ああ、なんということでしょう 震災画
      0
        JUGEMテーマ:コトノハ

        「巨大画で描かれる東日本大震災2」の水彩画の前で足が止まりました。


        誰もが立ち尽くしてしまう迫力。



        ああ、、、なんということでしょう。



        これは現実でした。



        宮城県蔵王超生まれの画家、加川広重氏は、2004年から大画面の水彩画制作し続けている方。前作「雪に包まれる被災地」では、震災当日の考形を描き、自然の猛威に直面した後の精神的な喪失感を表現し、大きな反響がありました。

        今回の舞台は「南三陸町」



        南三陸町、、、防災庁舎、、、



        こちらでは、先日6日にコラボレーションコンサートも開催されました。



        胸が締め付けられる画の前でのコンサート。失わせた多くの命への鎮魂と故郷再生への祈りを込めた演奏、

        忘れられない、忘れてはいけない、震災の記憶。

        全国の方々にこそご覧いただきたい作品でした。

        せんだいメディアテークの展覧会は、今日まででした。

         
        東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        青空に想う
        0
          JUGEMテーマ:コトノハ

          今日もおたずねいただきましてありがとうございます。

          青空の広がる日曜日。気持ちの良い日、、、と青空を仰ぐと、気持ちの奥の方から沸き上がってくる悲しみ。

          昨日、友人が津波で亡くなった地域を訪れました。

          海に向かってただただ広々と土地がひろがっている、、。以前あった家々、商店街、道路、どこがどこやらわからない、、、。いくつか瓦礫が山と積み上がって盛り上がったところがありました。ただ、普通の山と違うのは、直線でかちっとしただんだんの山、そして一本の木もない山だということ。そこに、雪が積もっていました。

          ぽつんと残っている住宅は、勿論住んでいるはずもなく、ただ、形を残しているだけ。だらりと垂れ下がった屋根の残った部分は、そのすさまじさを改めて見せつけるものでした。

          あの日、もしや、、、と思って、探して、探して、思いもかけない辛い結果を知り。お通夜に参列した仲間の一人がぽつんとつぶやいた言葉「もう、こんな悲しいことは嫌、、、」

          あれから一年近く経って、ようやくその土地を訪れたけれど、胸が苦しくなるばかりでした。近くには、慰霊をなさる方の姿もちらほら見えて、なんと言ったらいいのでしょう。悲しみは薄れるどころか、日に日に大きくなって別の形で訪れているような、そんな気がしたのです。

          大きな悲しみを秘めて日々暮らしている方も大勢周りにいらっしゃいます。

          私に出来ることは少ないけれど、できることを一歩づつ。共に寄り添っていきたいと思っています。

           
          東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          巨大絵で描かれる東日本大震災
          0

            JUGEMテーマ:コトノハ

            今日もおたずねいただきましてありがとうございます。

            朗読ライブの練習が本格化して、今日は終日、新年初の集中練習を行いました。
            そう、初練習、熱がはいります!

            その練習会場としているのは、せんだいメディアテーク。

            今、その1階オープンスクエアで第9回加川広重大水彩展「巨大画で描かれる東日本大震」が開かれています。

            実は昨日もメディアテークを訪れていたのですが、入り口をはいってぎょっとしたのがこちらの画。



            壁一面にかけられたこちらの画にただただ圧倒されていました。こちらの画は、「星座の誕生」という2010年に発表された作品。
            画家加川広重さんは、蔵王生まれ。2004年から大画面の水彩画を制作し続けていて、今回13作となる最新作は、「東日本大震災」県内で被災を体験した作者が、あの震災で感じた大きな喪失感、そして犠牲者への鎮魂の祈りを表現するものです。

            実はこちらの画のうしろにモノクロにも見える震災の画があるのですが、その迫力に圧倒されてします。

            是非、直接目でご覧頂ければと思います。

            9日までメディアテーク1階で開かれています。


            東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            がんばろう石巻!復興新商品「牛タンつくね」ヤマサコウショウ様
            0
              JUGEMテーマ:コトノハ

              今日もおたずねいただきましてありがとうございます。

              今年も残すところ2週間。
              今日から年賀状の受け付けも始まりました。

              東日本大震災から9ヶ月。来年の年賀状は、「あけましておめでとう」「謹賀新年」の文字ではなく、「絆」や「感謝」の文字に変わるという報道もなされていましたね。

              何かと物入りな年末。でも多少でも私にもできる支援はないかしら、、、とお考えの方。

              あるいは、WIN WINで復興支援をなさりたい方!

              そんな方に私からお勧めしたいことがあります。

              それは、被災地で頑張っている企業の商品を購入するということ。たとえば、安心安全で美味しいものを購入する、食卓で美味しいものをいただきながら、被災地の方に思いを馳せる、あるいは、家族で話し合うきっかけになる、そのこと自体が復興支援につながるということなのです。

              その一つが、石巻ヤマサコウショウ様の商品です。

              先月、私の所にダイレクトメールが届きました。思わず笑顔に! その理由は、、、、、震災後の前回はたった1品目だったものが、3品目にふえていたこと。


              復興へ着実に向かっていることが分かって、感激でした。

              石巻と言えば、ご存じのように宮城県内でも特に甚大は被害を受けたところ。ヤマサコウショウ様も、同様、本社も工場も恐ろしいような被害状況で、私もただ、呆然としたものでした。そんな中でも、従業員の皆様の復興にかける思いが一つになり、佐々木社長の指揮の下、徐々にではあるものの少しづつ確実に事業も再開をし、こうして通販もできるようになりました。しかも復興新商品も手掛けられるほどに、、、。負けないぞ!の思いが伝わって来ます。歯を食いしばりながら、皆様で手を取り合って、励ましながらお仕事をなさっている様子が、目に浮かぶようでした。

              私もご縁あって、23年もの長い間おつき合いいただいてる企業様。何よりも人を大切にする社風と社員お一人お一人の人柄を敬愛してやまない私です。

              頑張ってます!石巻。

              そこでご紹介する商品ですが、
              まずは私が大好きな海の宝物。たらこ・辛子明太子。




              今日もあつあつご飯とともにいただきました。風味豊かな「たらこ」の粒が、ほろほろっとお口のなかでほどけて、思わず笑顔になるおいしさ。人参の千切りとしらたきと一緒に焚くと、贅沢な常備菜に!我が家では、定番です。

              今回特にお勧めなのが復興新商品「牛タンつくね」


              宮城が誇る「牛タン」。そのうまみ・食感をつくねに閉じこめた逸品です。焼いても良いし、おでんもオーケーですね。熱々でどうぞ!

              海鮮本舗 やまさ 丹念仕込みのお魚の粕漬けとうす塩も外せません。

              まだら、赤魚、鮭、それぞれ4切れ入っていますので、年末・年始に重宝する筈です。

              ご案内状にこんなことが書かれてありました。包装形態が選べるしくみ。


              環境に配慮しての試みです。

              なるほど、
              ○簡易包装
              ○簡易方法+のし
              ○完全包装
              ○完全包装+のし
              以上の4パターンから選べます。

              勿論、私も簡易包装。どうしてものしを付けなければならない方のみ、簡易包装+のし。

              当たり前のことのようで、結構こうしたサービスって無かったかもしれません。

              皆様、被災地で頑張っていらっしゃる企業を是非応援してくださいませ。

              何かと忙しくて、お歳暮も忘れていた、、、震災のことでお世話になった方にお礼をしたい、、、という方いらっしゃいませんか?

              または年始のご挨拶のお品物にとお考えの方。

              全国の皆様、どうぞお願いいたしますね。

              商品のご紹介

              ○ 無着色たらこ(塩分4.5%、讃岐塩使用)
              無着色辛子明太子

              共に
              300g 2,300円
              500g 3,500円
              1圈 6,000円

              200gのたらこ、明太子セットで 3,000円

              ○丹念仕込み(粕漬)(うす塩)
              真鱈、赤魚、紅鮭 各4切れ 3,000円

              ○復興新商品「牛タンつくね」20本入り 1,500円

              他に、生ものですのでクール便の送料がかかります。

              ご注文方法
              1 お電話で ヤマサコウショウ フリーダイヤル 
                     0120ー835040 
                     受付時間は平日9時〜15時(日・祝休み)
              2 FAXで  0225ー95ー8738
              3 郵送   専用の注文書に書き込みます。
                     用紙を直接請求することも、後はどうぞ直接お願いいたしますね。
              4 インターネットで ホームページ

              がんばろう 東北宮城 石巻。
              株式会社 ヤマサコウショウ様
              宮城県石巻吉野町3丁目1-43

              こんな復興支援はいかがでしょうか。
              宜しかったらぜひご注文くださいね。
              東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              選択の力 〜コロンビア大学白熱教室〜
              0
                JUGEMテーマ:コトノハ

                今日もおたずねいただきましてありがとうございます。

                「人生には、運命 偶然 選択がある。
                その中の「選択」で、人生の結果が決まり、評価が決まる。」

                今日のNHK Eテレで放送された「コロンビア大学白熱教室」でのことばです。


                スティーブジョブス、ビルゲイツ、松井秀喜の人生を例に取り、この運命 偶然 選択の観点から分析することはなかなか面白い講義でした。
                色々な人生の成功物語があるけれど、成し遂げたもの、目指したものは違っても全ての物語に共通点は、「選択」の力。

                教授は言います「もし、無料の旅行へご招待、5つ★ホテルに泊まれる。何をしても良い、夢のようなお話があったとします。ただ一度チェックインしたあと、2度と外には出られないという制約が付いているのですが、これに参加しますか?」

                こんな美味しい話しなのに、だれも学生は手を挙げられないのです。その理由は、「それでは自由が奪われる。それなら、大学で学ぶことを選びます」
                人は、本来「物事の選択をしたい」という欲求を持っているのですね。

                一方で、現代人はストレスが多いと言われますが、その発生源は、自分でのコントロールが失われるから。仕事でも、些細なことでも自分で選択すると、やる気が起きたり、効果が出るのですね。

                対処法として勧めていたことは、出来ることは何か、リストを書き、一つまずやってみる。ストレスを無くすために行動を起こしているというそのことが大切と教授は説明します。
                心をいかにコントロールできるかで、健康や幸福度を改善することが出来るとも。

                そして、最後の選択の物語が紹介されます。

                岩に腕を挟まれて動けなくなった登山家、アーロンラルストンは、休日にロッククライミングをしている最中に重さ500圓睛鄒个鳳ο咾魘瓦泙譴討靴泙い泙后誰でも発見されず死を覚悟したとき、最後に生きたいと願ったための選択は、挟まれていない方の手を使ってその腕を切り落として、下山する途中で助けられ生還するという物語、映画にもなった実話です。つまりは、選択の物語。

                誰もが逆境を経験します。可能なことと不可能なことなのか選択を迫られたとき、自分に何が出来るのかを考えて欲しいと教授は語りかけました。

                振り返ってみると、誰にでも「運命 偶然 選択」がありますね。
                運命と思って諦めて恨み辛みで過ごすのも選択の一つ。
                偶然を必然と思って前向きにチャレンジしていくのも選択の一つ。
                確かにその「選択」で、人生の結果が決まり、評価が決まると私も自分のことをふりかえって思います。
                一人一人生まれながらに持っている選択の力。その底力。


                震災で辛い立場に置かれてしまった被災地の多くの方々。
                心にも身体にも環境にも窮地に立たされた方々。
                そうした皆様にも響くようはことばが、教授から最後に語られました。

                「選択には、自分を「明日なりたい自分」に変える力がある、、、、。」

                 
                東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                今日であの震災から4ヶ月、でも、、、
                0
                  JUGEMテーマ:コトノハ

                  今日もおたずねいただきましてありがとうございます。

                  震災から今日で4ヶ月。

                  宮城県内で亡くなられた方は、9300人(宮城県警発表)
                  未だ、行方不明の方が、2807人(県災害対策本部による)
                  避難者の方は、1万3500人

                  行方不明の方のご家族・ご友人は、どなたも帰ってきて欲しいと望んでいらしゃる筈、、、でも、もう、いえまだ4ヶ月。

                  今日も、ある方から悲しすぎるお知らせが。ご主人が見つかったと、、、。

                  言葉が出なくなるものです、、、。

                  伝えるべき言葉が見つからないのです、、、。

                  筆舌に尽くしがたい悲しみの中から絞りだすような声と言葉。

                  なんとか少しでも皆様のお役に立てることは無いか、自問自答の毎日。

                  震災で亡くなられた多くの皆様のご冥福をお祈りするばかりです。





                   
                  東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  がんばっぺ 石巻に応援を!ヤマサコウショウ様の通販再開に涙
                  0

                    JUGEMテーマ:コトノハ

                    今日もおたずねいただきましてありがとうございます。

                    郵便ポストに入っていた封筒。
                    あれ?と手にとったものは、見慣れた水産加工会社の通販のご案内。

                    中を開けてみると、飛び込んできたこちらの文字!



                    今回の震災で甚大な被害を受けた企業は数知れず、、、その中のひとつ。
                    石巻のヤマサコウショウ様です。
                    お客様第1に、誠心誠意安心安全で美味しい商品をお届けしてきた企業。
                    人を大切にする温かな企業風土が私は大好きでした。
                    24年間、接客や電話応対等女子社員研修を担当させていただいてきたのです。

                    それが、、、一瞬にして多くを失いました。

                    石巻の海辺近くに位置し、大津波による被害で絶望的な状況。
                    本社工場付近の水道、電気などのライフラインが開通したのが5月中旬、肴町の工場では未だ水道、電気は止まったまま、、、。
                    そんな中で、必死の努力で少しづつ仕事を再開してきたのです。
                    その裏には筆舌に尽くしがたい苦悩があったはず。

                    今回、運の良いことに(社長の言葉)、奇跡的に、「無着色たらこ」と「無着色辛子明太子」の製造・発送ができるまでに。しかも、品質・味共に震災前と変わらない確かなものといいます。

                    あの状態から良くここまで、、、。
                    社員の皆様のお顔を思い浮かべながら、どんなにご苦労をなさったことかと思うと、涙が出てきました。まさに戦いの最中のはずです。




                    もし、おいしいたらこが食べたい、お中元のお品物は何かしようかしらと思っていらっしゃる方、、ぜひヤマサコウショウ様のたらこ、明太子をお勧めします!ぜひ復興支援も兼ねて応援していただけたら嬉しいです。

                    なにせおいしい!塩分も控えめ(塩分4% 讃岐塩使用)なので、お料理に使えてレパートリーも広がります。
                    我が家ではこちらのたらこと明太子をいつもストックしておりました。
                    粒がそろっていて、上質なたらこ。そのままごはんに、ほぐしてスパゲッティーに、焼いてお酒のおつまみに。万能選手です。

                    がんばっぺ 東北宮城石巻!


                    無着色たらこ (塩分4% 讃岐塩使用)
                    無着色辛子明太子

                    共に
                    300g 2,300円
                    500g 3,500円
                    1圈 6、000円

                    200gのたらこ、明太子セットで 3,000円です。

                    他に、生ものですのでクール便の送料がかかります。

                    ご注文方法
                    1 お電話で ヤマサコウショウ フリーダイヤル 
                           0120ー835040 
                           受付時間は平日9時〜15時(日・祝休み)
                    2 FAXで  0225ー95ー8738
                    3 郵送   専用の注文書に書き込みます。
                           用紙を直接請求するもし、後はどうぞ直接お願いいたしますね。

                    商品発送
                    7月4日(月)より順次発送

                    がんばっぺ 東北宮城 石巻。
                    株式会社 ヤマサコウショウ の自信作。

                    こんな復興支援はいかがでしょうか。
                    宜しかったらぜひご注文くださいね。

                     
                    東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    仙台発 震災後の疲れ
                    0
                      JUGEMテーマ:コトノハ

                      このところ、私の周りで疲れを感じる方が増えています。

                      心身共に、、、の疲れ。GWもあって、緊張していた毎日にふっと自由な時間があって色々と動く。動いてみたものの、なんとなくすっきりしない、、、

                      そんな時は、上質な睡眠が大切です!



                      我が家のにゃんこ「はな」と娘。お互い、「寄り添って」の表現を越えて、密着して眠っています。これで疲れが取れることでしょう、、、。

                       
                      東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      search