プレゼンの会10月例会で、プレゼンの技を磨く
0

    今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

    研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
    キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

     

    今日は、月1回のプレゼンの会例会。

    担当のSさんが、思いを込めてのプレゼンでした。

     

    実際に予定されている1時間プレゼンを想定してのリハーサルのようなもの。

    本番に備えて1時間のプレゼン練習が出来ることって、普通はないことかと思います。

     

    そこに、プレゼンの会の意味があります。

     

    資料の作り方、説明の仕方、伝え方、アイスブレイクやファシリテーションの仕方等など。

     

    とかくスライド資料作成に時間がかかってしまうと、それで息切れがして、リハーサルまで納得のいく練習をせぬまま

    本番当日を迎えてしまうということがあります。

     

    資料を作って、それからが一番大切なのです。

     

    なんのために、

    何を伝えるのか。

     

    つまり、目的です。

    そして、どこまで取り上げるのか

     

    プレゼンは奥が深いです!

     

     

     

     

     

    プレゼンの会 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    プレゼンの会5月例会は、三年ぶりに復活したメンバーのプレゼンでした!
    0

      今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

      研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
      キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーション・アンガーマネジメント等をお伝えして33年に入ります。

       

      ぬりえをしたのは、一体何年振りでしょう?
      夢中になるメンバーたち。

       

      今大人の塗り絵がブームです。

      ぬりえには個性がでますね。まさに十人十色!


      キャリアトーク実践セミナーの修了者の学びの場のプレゼンの会。

      今回は、カラーの専門家千葉真須美さんに大人のぬりえとその背景を語っていただいた1時間でした。


      ぬりえには癒し効果、脳の活性化、そしてコミュニケーションにも効果があるとのこと。
      素敵なぬりえ本が爆発的に売れれば、画材も売れる!そして、SNSを通して世界中の方々と情報交換方々繋がれること、

       

      その経済効果に驚きました!


      千葉さんご持参の画材は、120色の3万円近くもする見事なもの!それだけでも欲しくなりますね。

       

      私が持参した48色の色鉛筆。
      STAEDTLERというドイツメーカーのものなのですが、描き味が良いなと思ったら、海外では文具ではなく画材の扱いで品質も良いので高価なそうな。

      プレゼンを学ぶプレゼンの会5月例会は、三年振りに復帰した千葉さんの、完璧にストーリー立てられた見事なプレゼンでした。


      千葉さん、ありがとうございました

      プレゼンの会 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      プレゼンの会3月例会終了!12年以上続けています
      0

        今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

        研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
        キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーションをお伝えして33年に入ります。

         

        プレゼン練習の際のありそうで無いもの、

         

        話し方実践セミナー終了者の方に

        第三者を前にしてのリハーサルの場と、
        的確なフィードバック。

         

        『プレゼンの会』は、そんなありそうで無かった場を

        、提供し続けて、12年経ちました!

         

        三月例会は、プレゼン時間35分、
        スライド100枚近くの力作でした。

        頑張る仲間に、心からエールを送り、
        的確で温かい愛のムチが!

        ご本人、とても感動して下さいました。

         

         

        それにしても、わかりやすく滑舌バッチリで聞きやすい話し方です!色々な工夫も流石😍

        新メンバーも加わって、パワーアップです。

         

        そのベースとなるのが、

        話し方実践セミナーAが4月からスタートです。

         

        是非、ご一緒にどうぞ、

         

        プレゼンの会 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        プレゼンの会7月例会は、サバ飯!
        0

          今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。

          研修講師で、アンガーマネジメントコンサルタント・話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子です。
          キャリアに見合った話し方・マナー・コミュニケーションをお伝えしております。

           

          循環備蓄ってご存知ですか?

          震災時に備えた備蓄方法の一つですが、乾パンとか、アルファー米などいわゆる非常時用の食品を備えておくのではありません。
          ストックしている食料や飲み物を、消費期限が来る前に消費し、消費した分を補充し、常に一定の備えがある状態にしておくこと。
          水、缶詰、レトルトカレー、カップ麺、乾物など。

          プレゼン力をアップさせるための勉強会、プレゼンの会の7月例会。

          私の主催しているキャリアトーク実践話し方セミナーの受講者の方々が集まって勉強している会です。

           

          今回は、その非常時に活用できるお料理3品を実践を交えてのプレゼンでした。その美味しいこと〜!

          驚いたのは、じゃがりこ。

          お湯を入れるだけで、ポテトサラダの出来上がり〜。

          マヨネーズを加えたら、あらあら、本当にポテトサラダです!

           

          担当のKさんは、防災士の資格をお持ちです。
          勉強になったし、美味しかった〜!

          震災から5年。忘れてはいけませんね。

           

          いわゆるサバ飯!アイディアが勝負です。

          プレゼンの会 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          折り紙の凄さ!プレゼンの会10月例会
          0
             今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
            キャリアトーク志伯暁子でございます。

            プレゼンノウハウを学びながらも、プレゼンの発表の場としても活用頂いている「プレゼンの会」10月例会が行われました。

            「折り紙のポテンシャルの高さに、びっくりポン!」
            のテーマで、折り紙の歴史から、現在、未来へと、ビックリのお話し満載の40分でした。

            折り紙は、室町時代からの礼法に始まり、江戸時代に一般庶民の生活に入り、そして明治に教育に導入。
            日本の開国により、日本とヨーロッパの折り紙の融合となったこと。
            そう、スペインにもフランスにも折り紙があって、それが入ってきたものも有ったというのは驚きですね。
            そしておりガムはm世界的に普及し、「川崎ローズ」「前川デビル」といった複雑は作品を合理的にデザインするものが誕生。
            折りの手数が多く複雑なコンプレックス折り紙。そして折り紙用ソフトウエアの開発へのつながり、コンピュータを使った折り紙の設計・研究へと折り紙工学へと変化して行きました。

            日本の伝統文化「折り紙」をヒントに、遂に、世界初の「宇宙ヨット・イカロス」が開発されました。
            更に、三浦公亮氏のミウラ折りの発明により、それを活かしてキリン缶酎ハイ氷結のパッケージへと繋がって行くのです。

            聞けば聞くほど面白い折り紙のお話し。まさに、ビックリポン!でした。
            細かく調べて下さったメンバーのTさん、見事なプレゼン、有り難うございました。

            話し方実践セミナーで学んだ皆様が、その力を磨いていこうと始めた「プレゼンの会」いつの間にか、10年。キャリアトーク実践セミナーからこうした仲間との出会いも又、感激の産物です。

            実践セミナーが皆様にお役に立っていることに、改めて幸せを感じております。
            皆様に感謝の気持ちで一杯です!

            今後のオープンセミナーのご紹介です***********

            アンガ-マネジメント入門講座  
               11月1日(日)10:00~11:30
            アンガ-マネジメント応用講座
             11月1日(日)13:00~16:00

            土曜集中講座特別企画
             10月31日(土)17:15~21:45(3時間半)

            第49期 話し方実践セミナーA、
             10月20日、11月10日、17日 の全3回 火曜日
             19:00~21:00

            コミュニケーションカード活用アドバイザー認定講座 
            ・第8期 11月21日(土)13:00〜19:00
            詳しくは、こちらから
            プレゼンの会 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            プレゼン力を磨く「プレゼンの会」、今回は唸ってばかりいた紙芝居の歴史と実演
            0
                  今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
              コミュニケーション/自己表現の研修講師で、キャリアに見合った話し方コンサルタントのキャリアトーク志伯暁子でございます。

              プレゼン力を磨きたいと勉強を続けている「プレゼンの会」の例会が、先日行われました。
              毎回、テーマを決めて、お一人長いプレゼンを担当して下さるのですが、
              今回は、「古くて新しい紙芝居の世界」と題して、50分のプレゼンでした。

              紙芝居というと、学校で先生が演じてくれたとか、子供の頃、近くの広場に来てくれたとか、世代や地方でとらえ方が違っていました、ただ、驚いたのは、学校ではあるものの、地域で子供たちの社交の場となるような、いわゆる「紙芝居やさん」と言われる街頭紙芝居は来なかった。時に秋田と北海道にはなかったというお話し。メンバーでそちらの出身の方がいらっしゃったのですが、「さあ~観たことがないです」というお話し。ビックリです!

              さて、この紙芝居、日本独特の文化だった!しかも「KAMISHIBAI]は、国際語と聞いて、二度驚きです。江戸時代、花柳界のお遊びとして誕生、明治時代に錦影絵となっり、その後、1930年代に、東京下町で失業対策として始まったのだそうです、当時の紙芝居業者は、2000人、一日当たりの子供60万~100万人が見たとも言われています。テレビのない時代です。

              その後、国策階芝居の時代を経て、1948年、復員者や戦後の混乱期の失業者の日銭稼ぎとして、全国で5万人にふくれあばり、1960年代、テレビの出現により衰退していったのです。

              その後教育紙芝居の歴史を経て、読書運動の高まりと公共図書館増設、手作り紙芝居、アジア、ヨーロッパにも広がり、2012年、ヨーロッパ紙芝居ミーティングがパリのユネスコ本部で開催されるまでになりました。

              という説明に加えて、二つの紙芝居を上演して下さいました。

              プレゼンのしかたもさることながら、大変勉強になる内容に、一堂大感激!プレゼンの会、恐るべしです!
              担当して下さったKさん、ありがとうございました!

              次回は、9月30日です。
              大スピーチ大会、こちらも楽しみです!


              今後のオープンセミナーのご紹介です***********

              コミュニケーションカード活用アドバイザー認定講座 
              ・第6期 9月20日(日)13:00~19:00

              アンガ-マネジメント入門講座  
                 9月6日(日)10:00~11:30

              アンガ-マネジメント応用講座
               第3期 9月 20日(土)9:30~12:30

              宜しければ、是非ご一緒にどうぞ。

              詳しくはこちらからどうぞ。

              プレゼンの会 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              ビブリオバトルってご存じですか? プレゼンの会4月例会
              0
                   今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
                フリーアナウンサー・企業研修講師で「キャリアに見合った話し方」コンサルタントの志伯暁子でございます。

                今日は久しぶりの休日。あ〜ホントにノンビリしますね。
                さて、先日のプレゼンの会。

                「ビブリオバトル」がテーマでした。ビブリオバトルは、京都大学から広まった輪読会・読書会、又は、勉強会の形式で「知的書評合戦」と呼ばれているもの。それぞれがお薦めの一冊を持ち寄り、本のも力を紹介し合うゲーム感覚を取り入れた新しい書評のかたちです。まさに「人を通して本を知る。本を通して人を知る」ことができるのが魅力で、プレゼンの会として、今回初めての体験でした。

                担当は、Kさん。それぞれの紹介の仕方で、同じ本も魅力が変わります。その意味では、まさにプレゼン。今回は、プレゼンの会のメンバーの個性がひかるビブリオバトルでした。

                各自の発表が終わった後、ちょっとお遊び。

                対局にある別の話し手になりきって、演じてみる。
                その意味で、ロールモデルを演じることの面白さに気付いていただき、皆様の表現力を磨いていただいたもの。楽しい例会となりました。

                いつも新しい視点で情報を伝えてくれるKさん、有り難うございました。
                プレゼンの会 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                食後の時間を豊かにする5つのC プレゼンの会3月例会でした
                0

                     今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
                  フリーアナウンサー・企業研修講師で「キャリアに見合った話し方」コンサルタントの志伯暁子でございます。

                  今日は、プレゼンの会3月例会でした。もう何年続いているでしょうか。たぶん、8年、いや9年続いております。私共のキャリアトーク話し方実践セミナーで学んだ方々のトレーニングの場としてスタートした会、皆様のご活躍の場になっていることを本当に嬉しく思います。

                  さて、今日のテーマは「あなたとワイとマリアージュ」
                  ワイン通の方でもご存じないようなことまで出てきて、とても楽しい学びの一時でした。

                  さて、その中で出てきた「食後の時間を豊かにする5つのC」
                  フレンチチレストランで、古くから言われている言葉だそうです。その5つのCとは、

                  1 cafe カフェ 食後のおちゃの代名詞
                  2 Chocolat ショコラ チョコレート お茶といっしょに楽しみ小菓子全般
                  3 Cognac コニャック 食後酒 
                  4 Cigar シガー 葉巻 貴族やジェントルマンの嗜好品
                  5 Conversaccion コンベルサシオン 会話

                  さすがフランス。

                  仰ることがお洒落ですね。

                  食後はゆったりと会話を楽しむ、お酒もお菓子も場所も、葉巻も演出効果抜群、でも美味しい会話ができないと大人として認められないのも大人文化が成熟した国、フランスならではですね。ウイットとユーモアに富んだ、しかも話題豊富な大人の会話。決して人を誹謗中傷したり、傷つけたり、品を大切にする会話。是非、目指したいですね!

                  ご担当くださったTさん、ありがとうございました。

                  毎月1回のプレゼンの会、次回はお一人お一人が本を持ち寄ってプレゼンする会。楽しみです!
                  プレゼンの会 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  プレゼンの会ってなあに?1月例会
                  0
                      今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
                    フリーアナウンサー・企業研修講師で「キャリアに見合った話し方」コンサルタントの志伯暁子でございます。

                    「プレゼンの会を覗いてみませんか?」

                    平成17年から続けているプレゼンの会。話し方実践セミナーで学んで頂いた方の、その後の勉強の場として作られた会です。今年で10年。

                    新年初回のプレゼンの会のテーマは、そのプレゼンの会のこれまでの10年を紐解いて振り返りながら、皆様にプレゼンの会をしっていただくためのパンフレット作りを考えるというものでした。

                    プレゼンターは、会員10年目のSさん。

                    分析的なことがお得意のSさんの進め方はさすが。

                    今回、オーディエンスの皆様に考えていただいたのは、
                    ○ こんな良いことがありますよ!会員の声を吸い上げる
                    手順
                    付箋紙に書き出す
                    書いた「良いこと」を発表する
                    ボードに貼る

                    いや〜出る出る!
                    先生のアドバイスが役に立つ
                    自分の改善点が明確になる
                    自分と違う考え方に出会えて学びが深い
                    実践して結果が出た 褒められるようになった
                    人の話を一生懸命に聞くようになった
                    毎回楽しみになる

                    ○こんなこともやってみたい!〜未来予想図を共に考える〜
                    リレープレゼン
                    モノぼけならぬ モノプレゼン
                    複数のメンバーでプレゼン
                    1つのテーマでプレゼン
                    プレゼンの合宿
                    誰かとコラボしたプレゼン
                    外部講師をお呼びする

                    などなど、皆様のアイディアも素晴らしい!どんどん広がっていきます。


                    そして、40分のプレゼンを終了したあと、全員でフィードバック。
                    気をつけることは、以下の3つ。
                    1 対象者を誰にするのか、きちんと設定をする
                    2 資料作り パンフレットの工夫
                    3 結びの落とし込み

                    今日のプレゼンターのSさんと講師である私との出会いも10年。
                    これまでのことを感謝していますというSさんの言葉に感動し、これからも良い形で進めたいと思った今日のプレゼンの会でした。

                    Sさん、ありがとうございました。

                    プレゼンの会 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    プレゼンの会9月例会
                    0
                         今日もお訪ねいただきましてありがとうございます。
                      フリーアナウンサー・企業研修講師で「キャリアに見合った話し方」コンサルタントの志伯暁子でございます。

                      今日はプレゼンの会。
                      税理士のEさんに、相続税と贈与税についてお話しいただきました。

                      平成27年1月1日以降に相続もしくは遺贈又は贈与により取得する財産に係わる相続税又は贈与税について適用される主な改正内容をお知らせ頂きました。

                      パンフレットが作られていても、やはり直接具体的な数字や家族構成など、モデルケースでご説明いただくとリアルに理解が進みます。

                      印象的だったのは、Kさんの最後の言葉。

                      「相続は親がある程度の年齢に達したときに、方向性をきちんと決めておいて、遺言状に記しておいたほうが一番もめなくて良い」

                      専門家から見ても、相続の話で親子、兄弟姉妹でもめるケースが多いというのです。

                      お金と女性は、人生を狂わせる道具だというのです、

                      今日のプレゼンを聞いていただいた皆様も、すなおに遺言書、作成するのお良いですね!

                      参加して下さった皆様、本当にお疲れ様でした!




                      プレゼンの会 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      search